霧のサンフランシスコ

金門橋

前のスレッドで霧のことを書いたら、10年近く前に一回だけ行ったアメリカ、サンフランシスコで撮った霧の写真を思い出しました。

ここはゴールデンゲートブリッジの入り口。
霧で橋はな〜んにも見えない、ほんとに霧のサンフランシスコでした。
橋を渡った先は高級店の並ぶソウサリート。
この町に立ったらサンタナの「ソウサリートのサンバ」が頭の中に流れてきました。

この頃撮った写真を久しぶりに見るとすっごい下手で凹みます。



0

    イギリスの朝焼け

    gb09_22s.jpg

    イギリスを訪れた昨年10月。
    ヒースローからパディントンに向かう早朝の列車の車窓には朝焼けが広がっていた。
    すっごい色だったなぁ。

    LEICA M6 / SUMMILUX 35mm F1.4 / Fortia
    0

      自慢顔

      DSC_1469s.jpg

      一日モニターに向かっていて疲れました。
      目がしんどい。
      特に書く事もないし、事務所のMacのハードディスクでファイルを探していたら出てきた写真。
      なんともやさしい表情をしたバッファローの親子。
      獰猛と言われるけど、自慢の子供の前ではこんな顔をするんですね。
      外敵の多いサバンナでこんな表情をできるのは摂理をわきまえているからでしょうか。
      物騒な世の中、人間も少し分をわきまえる事を考えましょうよ。
      背中の鳥も嬉しそうです。

      ケニア マサイマラで。
      0

        アフリカの神秘が呼んでいる

        DSC_1648s.jpg

        Nikon D100 / Tokina AT-X840AF II 80〜400mm F4.5〜5.6D

        って見出しで、VISAカードのDMにツアーの告知が出ていた。
        「超豪華列車でアフリカを体験〜ナミビア横断浪漫の旅13日間」だとぉ?
        ヴィクトリア・フォールズや喜望峰を見て、その後はナミビアに行き、
        ナミブ砂漠やフィッシュ・リバー・キャニオンを訪れながら豪華列車「プライド・オブ・アフリカ号」に乗ってのんびり6泊の列車旅。
        うわ〜〜〜行きたい!

        安い方のデラックス・ツインでお一人様1,145,000円!!
        ロイヤル・スイートだと1.428,000円!!!
        これにビジネスクラスだと398,000円・・・。
        一番安い設定でも僕のアフリカ旅費の2回分以上・・・。
        とても行けない(泣)。
        死ぬまでに一度は乗りたいよー。

        写真は「プライド・オブ・アフリカ号」と全然関係ないけど、いちおうアフリカつながりで
        マサイ・マラのライオン親子。
        0

          ストロベリー・フィールド

          gb07_31s.jpg

          Leica M6 / SWH 15mm / RVP F

          ビートルズの歌であまりにも有名になったストロベリー・フィールド。
          2年後に閉鎖することが決まったそうです。
          ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
          0