古い洋館の食堂



ヨーロッパのカントリーサイドにあるような建物。
これ、藤沢の善行にある「玉屋食堂」の外観です。


戦前は「藤澤カントリー倶楽部」というゴルフ場でしたが、太平洋戦争の折に陸軍に接収され、戦後はしばらく米軍施設となっていましたが、いまは周辺一帯が「神奈川体育センター」というスポーツ施設になっています。
その敷地内、1932年に建築家アントニン・レーモンドにより建築されたのがこのクラブハウス。
木立の茂みのなかにひっそりと静かに建っています。


建物内は「玉屋食堂」という昭和の香りぷんぷんの食堂。
今はちょっと建物が荒れてますが、なんとかきれいに保存してもらいたいものです。
小田急線善行駅から徒歩5分程度。
意外な異空間に出会えますよ。

タイルもオシャレ。
0
    コメント

    時代を感じさせる素晴らしい物件ですね.
    大事に残していってほしいものです.

    MIMIZUKさん

    もう築80年ぐらいになります。ぴっかぴかにされなくてもいいから、長く残してもらえればと。

    • いっこー
    • 2012/07/16 18:11