FC東京フェスティバル2012



東京サポの皆様。お久しぶりのサッカーネタです(笑


歳とったせいか根性なくなりまして、天皇杯以降は試合にカメラを持って行ってなかったんでサッカーネタのブログは天皇杯決勝以来です。

でも、ホームゲームは今んところ全試合行ってますよ。iPhoneだけ持って。はい。


で、三連休の最終日の猛暑の中「FC東京フェスティバル2012」に行ってきました。

いわゆる「ファン感」ってやつですね。

実はそれほど期待しないで行ったんですが、

味スタ内のいろんなところでイベントが行われていた中、あちこちに選手がうろうろしてて、けっこう楽しめました。



でもね、一番驚いたのは石川直宏選手。

ちょっと姿が見えると子供たち(オバさん達も)「ナオ!ナオ!」って叫びながらみんな走って行くもん。

やっぱりすごいオーラがあるんですよ。ダントツでした。



選手達もあちこちで気さくに写真撮影やサインに応じてました。
子供たちは嬉しいだろうな〜。

古い話だけど、僕が子供の頃に後楽園球場に巨人のファン感謝デーに行ったときなんてスタンドから見るだけでしたもん。ま、何十年も前の話ですけどね(笑


酷暑を予想してか、入り口では熱中症呼ぼう雨が配られ、無料の給水場も開設されたりして、細かな配慮も伺えました。



はい、これは「スミレ」ちゃんですね(笑

開催前から賛否両論あった「ミス!? FC東京コンテスト」も、そのインパクトは楽しめましたよ。

もっとも、恒例になっちゃうともうどうかと思うけどね。



でも、一番感動したのは、最後にピッチレベルでユルネバを聞いたとき。

スタンドからの歌声がものすごく良く聞こえる。

みんなで歌ったり声をかければ伝わるんだな〜と。

これを聞けただけでも行った価値充分でした。


一枚目の写真,ガラガラな感じに写ってますが、

スタート時間よりだいぶ遅れて行ったからです。

連休最終日にもかかわらず6500名ほどのサポが集まったそうです。


選手達も負け試合の後で準備が大変だったろうけど、

これからの暑い季節に熱い試合を期待してますよ。


これからはやっぱりカメラを持って行こうかな〜。

もっとも,今回はラクをしようと思い、持ってくカメラの選択を失敗して

あんまり思うように撮れませんでした(反省)


0

    スポンサーサイト

    0
      コメント