スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    夏の終わり

    02_22.jpg

    一つ前の写真と同じ場所で撮影。
    夏が終わり、秋が近づいてくる寂寥感を切り取りたいと思った。





    撮影機材
    ライカM6
    フォクトレンダー・スーパーワイドへリアー15mm F4.5
    100VS






    0

      沖縄の夕暮れ

      03_05.jpg

      今年の10月に行った沖縄。関東は夏の気配がなくなり、秋を感じさせる時期だが、沖縄は30度近くあり、まだ夏の真っ盛り。2泊3日の小旅行だけど、フルに動き回って戻ってきたらもうぐったり。年ですね。そんなわけで撮影したポジはそのままになっており、やっとスキャンした。フィルムは夏のアフリカ旅行で余ったコダック 100VS。アフリカの時はちょっと赤に転んでしまったので不安だったが、10本近く余ってしまったのだから使わなくてはもったいない。

      ゆっくり見ると、なかなか良く撮れているのがありました。そんな中、色が転ぶのを覚悟の上で撮影したオクマの日没寸前の夕景がこの写真。なんだか実際とはちょっと違う色だけど、紫がかった夕暮れの空は独特の雰囲気が出て、結構気に入っています。実際、ほれぼれするような夕焼けでした。


      撮影機材
      ライカM6
      フォクトレンダー・スーパーワイドへリアー15mm F4.5
      0

        Nikon D70

        Nikonからついにエントリーモデルの一眼デジカメNikon D70が発表された。Eoss Kiss DIGITALの爆発的なセールスを思えば早々に出さないとまずいんじゃないの? とおもったところに、ついにプレス発表。詳しい仕様はリリースに期されていないが、D100からこの発表までに、CanonはD60、D10,
        1DSと立て続けにラインアップを増やし、Kiss Digitalで一つ時代が動いた感じだった。またPentaxからも小型軽量のist-Dが登場し、Nikonは相当あせったことと思う。その間、 ハイエンドのD2Hは発表されたものの、発売は約2か月遅れ。一眼デジカメの潮流は完全にキャノンに握られた感じだ。

        D70の発売は来年2月予定。はたして予定通りに発売されるのかどうかは何とも言えないが、この年末商戦を前に、ニコンの新しいラインアップを発表することにより、ユーザーがキャノンに流れないように釘をさしだたけなのか・・・。ただ、このカメラの発表により、安いDXレンズのバリエーションがふれていくであろう将来がとても楽しみ。ちなみにこのD70は10万前後になる予想らしい。
        0

          新しい携帯

          TS260003.jpg前回携帯をかえてからちょうど一年の昨日、縦スクロールが一切できなくなった。通話に問題はないものの、アドレス帳から電話をかけようにもア行の一番最初に名前のある人にしかかけられなくなってしまいました。修理に出すにも手元から携帯なくなるのも困るので、しょうがなく買い替えるはめに。久しぶりにソニータイマーにあたった気分です。
          で、今までのものは今時珍しくカメラもついていないものだったので、これを機に TOSHIBAの A5501Tという最新機種に買い替えました。もちろんカメラ付き。しかも 100万画素。 miniSDカードを利用して最大20分のムービーも撮れる。撮影機能だけでなく、今さかんに CMしているナビウォークもついている。ほかの機種ではテレビが見られるのもあるらしいし、なにやらすごいな最近の携帯は。
          そうそうモニターが240×320と大きく、色もすごくきれい。miniSDメモリーカードがあれば1144×880で写真が撮れます。これだけあればL版プリントはまぁまぁイケるでしょう。

          この画像は今日の早朝、自宅ベランダから横浜みなとみらい方面を撮影したもの。
          0
            続きを読む >>

            Concert for George

            george.jpgジョージ・ハリスンが癌でこの世を去ってから2年。エリック・クラプトンが中心となり、ジョージの一周忌となる2002年11月29日にロイヤル・アルバート・ホールで行われたトリビュートライブのDVDが発売になった。現在、日本でもこのライブのムービーが公開されているが、この映画版と、コンサートの進行順に曲が並び替えられた2枚組のボックスだ。


            今年はビートルズのアンソロジーで大興奮して、DVDを見ながら「もうジョージもいないんだなぁ」と感慨にひったっているところに、このDVDの登場。胸にささる。そして素晴らしいゲストミュージシャンたち。
            0
              続きを読む >>